• GoogleMapsAPIの初期設定と利用方法

    まず、GoogleMapsAPIを利用するための初期設定に必要なAPIキーを取得します。


    Googleのユーザーアカウントが必要となり、まだアカウントを所持していない場合はアカウントの作成をし、所持している場合は既存のアカウントを利用します。


    アカウントを設定した後に開発者の管理画面であるGoogleDevelopersConsoleにアクセスします。
    次に作成画面に移動し、適当なプロジェクト名を作成します。
    プロジェクトIDの編集は出来ますが初期設定の状態で利用します。


    ここまでで問題が特に無ければ新たなプロジェクトが作成出来ます。

    GoogleMapsAPIの情報サイトへお越しください。

    この新規のプロジェクトにおいてGoogleMapsAPIが利用可能な状態にするために有効化という作業をします。

    鋭い観点からgoo ニュースの口コミ情報をまとめました。

    有効化することで、このプロジェクトにおいてGoogleMapsAPIを利用できるようになります。
    有効化の作業後、このプロジェクトで利用するための認証情報を取得します。

    この認証情報のことをAPIキーと呼称し、他のAPIと共用することが出来るようになります。


    そして、GoogleMapsAPIを利用するためには、設定の基礎となるJavaScriptの読み込みを行います。



    この作業は単純にGoogleが用意しているサーバーの外部ファイルを読み込むだけの作業です。
    最後に、一部の機能に関してはライブラリという名称のパラメータを利用して拡張ライブラリを読み込むことにより利用を開始することが出来ます。
    地図により多くの機能を持たせる必要がある場合はこちらの設定が必要になります。